引越しは単身パックでお気軽に

長い長い冬が終わって、いよいよ3月、春の季節がやってまいりました。
外に目を向ければあちこちに花が咲いていたり、コートを脱いで抱えている人が増えてきましたね。
本格的に桜が咲いたりする頃に多くの人は住み慣れた家を離れて、新生活を始めます。

学生さんや独身、あるいは単身赴任などで一人引越しをされる方は、比較的簡単に引越し作業ができるものの、軽トラックやワゴン車を自分で手配するのは面倒だったりします。
もっと楽に引越しを完了させるにはどうしたらよいでしょうか。

各運送会社や引越し専門業者さんでは、引越しの単身パックサービスを提供しています。
例えばヤマト運輸などでは、目安として押入れの1段分ほどのスペースがある専用コンテナを準備してくれて、自分でコンテナ内に必要なものを詰め込んで、発送するというサービスがあります。
最近のアパートでは家具や家電があらかじめ備え付けになっているところも多いですので、そんなに荷物が多くなければ、単身パックminiというサイズもあるそうです。

時間指定で届けてもらって、気軽に引越し完了させちゃいましょう。単身の引越しを低価格で抑えるための方法など解説しているHPもあるので参考にしてもいいかもしれませんね。たとえばココ(http://www.mtrrgroup.com/

荷造りは面倒なのであまり好きではない

私が引越しで苦労するのは荷造りです。荷物をいるものといらないものに分けて整理し、なおかつダンボールや袋などに詰めていく必要があります。

元々家に整理されている荷物を引っ張り出すだけでも面倒なのに、それを必要なものと不要に分けねばならず、それが本当に面倒なのです。

小物ならうまく入るように放り込んでいくだけでいいですが、服になるとそういうわけにも行きません。適当に放り込むと皺になるし、ちゃんと皺にならないよう畳む必要があります。服を荷造りするにあたっていい方法なのは、服をくるくるっと丸めることです。そのほうがダンボールにも袋にもたくさん入るので、荷造りされた荷物の数が少なくなるのです。
ただ服を畳むのは時間がかかる作業で、服の数が多ければ多いほど、その単調作業に飽きが来るのです。

私はそもそも面倒くさい作業というものが嫌いなので、荷造りという作業もあまり好きではありません。そんな好きではない作業をやらなければならないのが、引越しの嫌なところです。

面倒な時は引っ越し業者に荷造りも含めてお願いしてしまうのがいいですね。

引っ越し業者の比較なんて面倒すぎる!

就職のため引っ越しをします。実家から大学に通っていたので、初めてのひとりぐらし。わくわくします!

家具や家電は新しい家で買い揃えるので、ほとんど持っている物はありません。なので、単身パックでいいかなと考えています。単身パックは、高くても安くても、1万円くらいしか変わらないですよね?というか、ほとんど価格差が無いんじゃないかなと思っています。

私が頼んだ業者は2万8千円くらいだったので、そこで決めちゃおうかなと考えていました。しかし、母が引っ越し業者の比較をしろ!とうるさいのです。普通の引越と違って、単身パックなんて、絶対に料金変わらないと思います!

そうしたら、「コンテナはひとつで、入りきらなかった分は持っていくな!追加はしない!」と怒られてしまいました。むちゃくちゃです。入らなかったらもちろん追加のコンテナを頼むつもりでした。ちゃんと調べたならともかく、調べもせず適当な業者に決めるなということです。

こんなことなら、引っ越し費用はバイト代から全額自分で支払おうかな。また他の業者に連絡して見積もり出すのはかなり面倒くさいです。2万や3万で騒がないでほしいなと思います。

引越し単身パックで悩んだら大手の業者が良いです

どの業種にも大手はありますし、地域に密着している業者もあります。
それに中堅業者もありますね。
引越し業者だけ探しても全国にはたくさんの業者があります。
関東だけを見てもたくさんありますね。
引越し業者は多いですから悩む人は少なくありません。
それに引越し単身パックで悩む人は多いです。

引越し単身パックは業者によって取り扱っている所もあれば取り扱っていない所もありますからね。
引越し単身パックを取り扱っていない業者で引越し単身パックの契約を結ぼうと思っても無理な話です。
引越し単身パックがないのですから契約が出来るはずはありません。
単身で引っ越す際は引越し単身パックがあるのかという事を見る必要があります。
ほとんどの業者では引越し単身パックがありますが、始めて引越しをする時はどの業者にすれば良いのか悩む時が多々あります。
悩まない人はいないでしょうね。

引越し単身パックで悩むようだったら大手の業者にした方が良いですよ。
大手の業者だったら比較的安心が出来ますからね。
悩んで決めた業者が良くなかっただめです。
引越し単身パックも通常の引越しと同じように料金とサービスを見て決めたいです。

引っ越し業者が誕生して、便利になった

引っ越し業者という業種が生まれたのは昭和50年ごろと言います。

それまでは引っ越しはどうしていたかというと、運送業者に頼んで運んでもらっていたのです。運送業者だから、もちろん運ぶだけ。梱包や搬出、搬入などの人手はこちらで調達しなければなりませんでした。

幼いころの遠い記憶ですが、たしかに親戚のおじさんたちが集まって、荷物を運んでくれたように思います。トラックは誰かに借りたのか運送会社に頼んだのかわかりませんが、トラックの荷台に載せた家具にビニールシートをかけ、ロープでくくりつけただけで運んでいたような気がします。まぁ、隣の市への引っ越しだったので、10キロ強くらいの移動だったとは思いますけど。

そんなことを考えると、今の引っ越し業者が作業するときに丁寧に家具や建物を養生するのを見て、雲泥の差だなぁと思います。引っ越しの梱包資材もいろいろ便利なものができていますし。アート引越センターのエコ楽ボックスはいいですよね。食器をひとつひとつ包む手間もなく、仕切りのあるボックスに入れていくだけ。紙資源の節約にもなりますし。アート引越センターにはエコ楽シューズボックスもあります。

効果的なゴキブリ駆除ないかなぁ・・・

うちの家、結構ゴキブリが出現するんです。
最初はそうでもなかったんだけど、去年の夏場くらいからちょくちょく出ます。

昨日、3歳の娘が「ママー、ムイムイいるよ」って教えてくれました。
どんなムイムイ?と思って行くとゴキブリ!「ムイムイじゃないよ!(虫だけど)ゴキブリ!」
そう言うと娘は「ゴキブリさん、こんにちは」って挨拶(笑)
その直後、私が新聞紙でバッチーン!ゴキブリも最期に可愛い挨拶されて幸せだったかな・・・

旦那に「ゴキブリ駆除とかって専門業者に頼めないかな?」って相談してみました。
でも、旦那が言うにはそういうのってお店とかじゃないと無理なんじゃない?って言われました。
それに、駆除頼むほどの数じゃないよって。

でもね、でもね、旦那より圧倒的に家にいる時間が長い私と娘は結構目撃する事になるんだよ!
そう訴えても「バルサンとか、ゴキジェットとか、ホウ酸団子で頑張って」って言うばかり。

そんなのとっくにやってるよ!なにか効果的なゴキブリ駆除の方法はないかなぁ。
これから寒くなるので目撃することは減るだろうけど、春までのなんとかしたいですね。

引越しに見積もりは必要?

だんだんと夜が寒くなってきました。
日が落ちるのも早くなってきましたね。
なんとなく、秋というのは物悲しい感じがする季節ですが…。
とうとう私を更に物悲しくさせる出来事が。
そう、転勤です。
とは言っても、同じ地方の管轄内の異動なので
月に数回顔を合わせてる方々ばかりなのですが。
やっぱりこれまでと違う環境っていうのはちょっと怖いしさみしいものです。
そして当然転居も伴いますので、これから荷物をまとめたりと忙しくなります。
先輩から言われたのは引越しは見積もりとった方がいいよ、ということ。
いくら会社が負担するからといって、何も気にせず使っちゃだめよ
ということなのでしょうか。
ちょっとプレッシャーですが…。
でも、確かに業者さんによってさまざまなサービスがあるので
一概にこの会社がいい!とは言えないのかもしれないですね。
今ちょっと見てみただけでも、結構比較サイトとかもあるし。
一括で見積取れるサイトとかもあるんですね!
本当に便利な世の中になったものだと感心しました。
自分の生活スタイルとか、持ち物の量とか内容とか
そういうもので選ぶことができるんですね。
子供の頃親の転勤にくっついてた時は、引っ越し業者なんてどこも同じだと思ってましたが。
大人になると、親の苦労がわかるなっとしみじみ思ったのでした。